BlenderでUV展開する方法【初心者向け】

Blender UV展開図

今回はBlenderのUV展開をする方法について初心者向けにご紹介していきたいと思います。

このBlenderのUV展開はモデルを作成し終わった後、テクスチャを貼る作業の時に必要不可欠な動作です。そのため、BlenderでUV展開をする方法は必ず覚えておいてください。

そもそもUV展開とは

www.blender3d.biz

UV展開とは簡単に言えば、3Dの表面に貼り付ける画像(テクスチャ)の位置を決める作業となります。

これを行うことで、3Dモデルのどこにどのような画像を貼り付けるかを決めることができるようになります。

基本的なUV展開方法

まず始めにUV展開には様々な方法があります。その中でも基本中の基本であるUV展開の方法について本章ではご紹介していきたいと思います。

UV展開の準備(シーム)

UV展開をするためには、まずシームを付けなければいけません。

このシームとは何なのかについての説明も含めて、UV展開の準備の方法をご紹介していきます。

シームとは

kotobank.jp

上記のリンクの説明からも想像が容易ですが、ただの切れ目です。基本的に3Dは一部を切りひらなければ2Dにすることができません。

その切る位置を決めるという作業がシームとなっています。

シームの入れ方

f:id:TomoG:20200417153105p:plain

シームを入れるためには、まず編集モードにして切込みを入れたい辺を選択し[Ctrlキー + Eキー]を押してシームを付けます。

f:id:TomoG:20180816221717p:plain

シームがついた辺は上図の右側のh減のように赤く表示されます。

この時辺の選択方法便利な方法が多くあるため、そんな辺の選択方法は以下のリンクを見てください。各段に早く楽になるので必見となります。

blender-cg.net

シームの付け方は出来るだけ展開した時に分かりやすくなるように設定した方がいいかと個人的に思います。

注意点として、シームの下にシャープを付けるという項目があると思います。これもシームと同じような操作で辺にマークをつけることができますが、効果が全く異なるのでご注意ください。

UV展開を行う

オブジェクトにシームをつける作業が終わったら、実際にUV展開をしていきます。

画面の準備

UV展開を行うとき、最初のうちはUVがすぐに見える状態にした方が、UV展開がどのように行われるかが分かるように画面を準備することをおすすめします。

そのため、本項では画面の準備方法についてご紹介していきます。

追記(2020/8/31)

f:id:TomoG:20200831140221p:plain

本項でご紹介する方法で画面を準備しても問題ありませんが、Blenderでは画面のプリセットが用意されています。

そのため、Blenderの画面上部にある上図のような【UV Editing】を選択することで準備することができます。

-----追記終了----- 

作業をし易くするため、ウィンドウを2つにします。下図のところをクリックして左に引っ張ってください。

f:id:TomoG:20200417153144p:plain
そうすると同じウィンドウが2つになると思うので、片一方を変えていきます。

f:id:TomoG:20200417153222p:plain上図のように、片一方のウィンドウを[UV/画像エディター]に変えてください

f:id:TomoG:20180816223450p:plain

そうすると、上図のような画面になります。上図の右は[UV/画像エディター]、左は[3Dビュー]になっています

展開をする

f:id:TomoG:20180816223118p:plain

次に3Dビュー上かつ編集モードで[Aキー]を押して全頂点を選択します。全頂点を選択した状態で、[Uキー]を押して[展開]を押します。

f:id:TomoG:20200831141518p:plain

これで上図のようにUV/画像エディタに展開された画像が出てくると思います。

これでUV展開をすることができたと思います。

手動で調整

一発でUV展開図が決まるというのはほとんどありません。そのためUV展開を行った後は、必ず手動で調整をする必要があります。

その調整の方法を次項からご紹介していきます。

UV展開図の調整

f:id:TomoG:20200831142456p:plain

まずUV展開図の頂点を回転・移動・拡大縮小をして整えます。

UV編集画面上で頂点を選択すると編集できるため、それで編集をしてください。回転・移動・拡大縮小は3DView上のものと変わりません。

アドオンの利用

このUV展開図の整理を行うとき、下記の記事でもご紹介した非常に便利なアドオンが存在します。

UV展開図の調整を行うときに非常に便利なアドオンとして【TexTools】があります。詳細な使い方等は下記の記事を参考にしてみてください。

3dcgmodel-info.com

UV展開後

UV展開後、この画像を直接編集したり、外部ソフトで編集することも可能です。

直接編集する方法

UV展開をした後、Blenderで直接編集する方法があります。その詳細な方法は下記の記事をご覧ください。

Blender操作忘備録 : UV展開とテクスチャペイントとテクスチャをはるメモ - livedoor Blog(ブログ)

外部ソフトで編集する方法

f:id:TomoG:20181219144117p:plain

[UV/画像エディター]のところにある、UVを選択すると上図のような項目が出てきます。

これらの項目の一番上にあるUV配置をエクスポートすることで、この展開図をpng形式で出力することができます。

出力したpng画像を外部ソフトで編集を行い、通常のテクスチャのように適用することができます。

その他のUV展開方法

前章でご紹介したUV展開方法は基本となっています。ほかにも様々なUV展開方法が存在します。それらの簡単なUV展開方法について次節からご紹介していきたいと思います。

UV展開を自動化

これまでの記事で、シームを付けて展開して、UV展開図を編集して・・・・とUV展開を調整するのは面倒です。

そんな時に使用するのが、UV展開を自動でしてくれる機能です。これを使ったら、シームを付ける必要すらありません。UV展開を自動でする方法として

f:id:TomoG:20181219144742p:plain

先ほど3Dモデルを選択して【Uキー】を押して、展開ボタンを押しましたがスマートUV投影を押すだけです。

たったこれだけで、モデルのUV展開を行ってくれます。しかし、当然のごとく自動なので、おかしいところが出てきます。これは手動で調整するしかありません。

形状的なUV展開

f:id:TomoG:20200831144453p:plain

UV展開の方法の1つとして、形状的な投影でUV展開するものがあります。

これは使いどころが難しいため、基本的に利用することはないと思いますが、一応このようなUV展開方法があります。

ビューからのUV展開

f:id:TomoG:20200831144504p:plain

次にUV展開の方法として、ビューから投影をする方法があります。これは現在の3DView上のビューから見えてるそのままUV展開をする方法となっています。

実用例

www.tomog-storage.com

www.tomog-storage.com

参考サイト

www.cgradproject.com

bookyakuno.com


本記事の内容は以上となります。

BlenderのUV展開は非常に重要な機能の1つとなっており、モデリングするときは基本的に避けることはできないものとなっているため、是非UV展開の方法を覚えておいてください。

本記事は以上です。お疲れさまでした。