Blender オブジェクトの合成・boolean操作を簡単にするアドオン紹介【Bool Tool】

f:id:TomoG:20190323164210j:plain

本記事ではスカルプトしていてオブジェクトの合成をしたい時や、boolean操作を簡単にしてくれるアドオンのBoolToolをご紹介していきたいと思います。

同じようなアドオンは他にも存在しますが、Blender2.8に対応していないものもあるためご注意ください。

BoolToolの導入方法

BoolToolは公式アドオンとなっています。そのため、アドオン追加画面で検索窓にBool Toolと入力すると出てくるので、そこから導入してください。

BoolToolの使い方

このBoolToolで主にできることは4つあります。

・Difference(差)

・Union(和)

・intersect(共有部分)

・slice(スライス)

の4つなります。

BoolToolの基本的な使い方

f:id:TomoG:20190929215708p:plain

BoolToolの基本的な使い方として、まずは選択の順番によって結果が異なってきます。そこで本記事では上図のような順番で選択していきたいと思います。

また後述の説明は全てこの番号を使っていくので、間違えないようにしてください。

f:id:TomoG:20190929220205p:plain

選択後、上図のように選択したらBoolToolの機能が使えるようになります。そしてこのBoolToolの機能がDifference、Union、intersect、Sliceとなっています。

その機能の結果を次節からご紹介していきたいと思います。

Difference(差)

f:id:TomoG:20190929221038p:plain

Differenceを使った時、②-①となり、あとから選択したオブジェクトの一部が切り取られます。

オブジェクトの一部を切り取りたい時に非常に便利な機能となっています。

Union(和)

f:id:TomoG:20190929221103p:plain

Unionを使った時、①+②となりオブジェクトが結合します。また共有部分は削除されるため、スカルプトなどで個別に追加したい時は必須の機能となっています。

intersect(共有部分)

f:id:TomoG:20190929221135p:plain

insectを使った時、①と②の共有部分だけが出てきます。使い時は難しいですが、使いこなせば非常に便利な機能だと思います。

slice(スライス)

f:id:TomoG:20190929221154p:plain

 sliceを使った時、共有部分だけを切り取った形になります。何かを切った時の処理などに利用できる便利な機能だと思います。

参考サイト

www.cgradproject.com

www.cgradproject.com


本記事の内容は以上となります。

スカルプトでモデリングするときでも便利ですが、それ以外でも十分に使えるアドオンとなっています。

本記事は以上です。お疲れさまでした。