Blender Booleanモディファイヤーの基本的な使い方を紹介

f:id:TomoG:20191020214900j:plain

本記事ではBlenderでBooleanモディファイヤーの基本的な使い方をご紹介していきたいと思います。

そもそもBooleanとは

www.weblio.jp

このBooleanは論理型のことで、つまり【ある】か【ない】の2種類にはっきりと分けることができます。

Blenderにすると、オブジェクトが存在【する】または【しない】などに分けるようになります。

Booleanモディファイヤーでできること

f:id:TomoG:20191020145439g:plain

BlenderでBoolean関連のアドオンは多くあります。下記の記事でご紹介したアドオンもその1つです。

しかし上図のように、アニメーションに利用できるというのが強みのデフォルト機能となっています。

Booleanモディファイヤーの使い方

準備

f:id:TomoG:20191020213019p:plain

まずは変化させたいオブジェクトを用意してください。本記事では上図のスザンヌにしています。

f:id:TomoG:20191020213107p:plain

次に立方体を作り、どの大きさでもいいのですが最初の方はスザンヌを覆うくらい大きく作ってください。

※大きさによっては表示がおかしくなる場合があるためご注意ください。

 

この立方体は後々指定するので、名前を決めておいてください。本記事では【Delete】としています。

これで準備が完了となります。

使い方

f:id:TomoG:20191020213301p:plain

準備が完了したら、スザンヌにモディファイヤーのブーリアン(Boolean)を追加してください。

f:id:TomoG:20191020213348p:plain

すると上図のようなモディファイヤー画面になると思います。

 

演算のタイプには交差・統合・差分があります。本記事では差分を使っていきたいと思います。

効果は下記の記事でご紹介しているUnioin、Difference、Intersectと同じになっています。

 

オブジェクトには変化させるためのオブジェクトを選択してください。本記事では準備の時作成した立法体の【Delete】を選択しています。

 

実質的な使い方はこれで完了となります。しかし、効果も分かりにくくなっているため、それらが分かるようにしていきたいと思います。

使用の一例

なんでもいいのでアニメーションを作成します。

f:id:TomoG:20191020214136p:plain

本記事の例では立方体の【Delete】が上図のように下に落ちてくるというだけのアニメーションを作成しています。

これでアニメーション自体は完成していますが、この立方体が邪魔で結果が分からないと思います。

f:id:TomoG:20191020214426p:plain

立方体の【Delete】を選択した状態で、上図の位置にある【ビューポートで表示】と【レンダーで表示】のチェックを外してください。

また、見えないのに選択してしまうのは面倒だと思う場合は【選択可能】のチェックも外しておいてください。

これで結果がはっきりと見えるようになったと思います。

参考記事

blender-cg.net


本記事の内容は以上となります。

このBoolenは気づきにくいですが、非常に使い道が多く、アニメーションを行う上であったら非常に便利なものになります(表面でパーティクル等)

本記事は以上です。お疲れさまでした。