Blender リアルな木の作成方法【Modular Tree】

f:id:TomoG:20191223221713j:plain

本記事ではBlenderで簡単に木を作ることができるアドオンをご紹介していきたいと思います。

以前の記事では簡単にローポリの木を作成する方法をご紹介しましたが、本記事はポリゴン数を考慮しないためローポリで実現したい場合は、下記の記事をご覧ください。

導入アドオン

github.com

今回リアルな木を作成するために利用するアドオンは上記のModular Treeとなっています。そのため上記からModular Treeをダウンロードしてください。

後は通常のアドオンと同じ方法でBlenderに導入してください。

基本的な使い方

準備

Modular Treeを利用するためには、少しだけ準備を行う必要があります。

f:id:TomoG:20191223104521p:plain

まずは上図のようにModular Treeのノードメニューを開いてください。

f:id:TomoG:20191223104534p:plain

次にModular Treeのノード画面上にある新規ボタンを押してください。これを押さないとModular Treeのノードを使うことはできません。

f:id:TomoG:20191223104612p:plain

最後にModular Treeで作成した木を実行するノードを追加します。Modular Treeのノードは通常のノードと同じ操作方法であるため、そこまで迷うことはないと思います。

 

しかし、Modular Treeの特殊なところは出力ノードがないことにあります。そのためあまりノードをリンクさせる必要がありません。

強いて言うなら、上図で追加したTree parametersが出力になっているため、最初の準備の段階で追加しました。

幹・枝作成

f:id:TomoG:20191223110020p:plain

 上図のようにTraunk NodeとBranch Nodeを接続してください。名前の通り幹と枝のノードとなっています。

代表的な値として

Trunk Node

・length:幹の長さほぼ木の高さ)

・radius:幹の太さ

・resolution:解像度

Branch Node

・start:枝の生える場所の開始地点

・length:枝の長さ

・resolution:解像度

となっています。自分の好みにあった木の幹と枝を作成してください。

葉の作成

葉の部分は下記の記事でご紹介した内容で作成しても問題ないのですが、本記事ではModular Treeの機能を使った葉の作成方法をご紹介します。

まずは葉の一番大切な葉のテクスチャを用意してください。

f:id:TomoG:20191223215057p:plain

次にImages as Plane等のアドオンを使って上図のような葉のオブジェクトを作成しておいてください。

葉の原点は葉の根っこに設定しておくことを忘れないでください。

f:id:TomoG:20191223215212p:plain

次に上図のようなTwig Nodeを追加し、leaf typeをカスタムにし、更にその下を先ほど作成した葉のオブジェクトを追加してください。

このleaf typeはデフォルトのものでも問題ありませんが、カスタムの方が自由に変更できるためオススメとなっています。

 

このノードの値はほぼ今まで説明したものと同じであるため説明は割愛します。

値を変更したら、Twig Nodeの一番上にあるexecuteを押すと葉のオブジェクトが生成されます。

木の完成

f:id:TomoG:20191223215808p:plain

最後に、準備の時の作成しておいたTree parametersノードのcreate_leafsにチェックを入れて、leadにTwig Nodeで作成された葉のオブジェクトを追加してください。

後は様々な設定やアーマチュアを設定するかなどの設定がありますが、本記事では割愛します。

全て設定が終わったら、Create Treeを押してください。これで木が作成されると思います。

 

他にも根が作れたりしますが、Root Nodeを追加して値を調整するだけなので、自分で試してみてください。

参考記事・動画

www.cgradproject.com

www.youtube.com


本記事の内容は以上です。

これによって主に枝がリアルに作る事ができるため、非常に便利ですがハイポリとなってしまうため、木を細かく見せたい時に利用してみてください。

本記事は以上です。お疲れさまでした。