販売用3Dモデルに使えるフリーテクスチャ素材サイト まとめ

f:id:TomoG:20200506223948p:plain

今回は数あるテクスチャの中でもフリーでテクスチャを入手できるサイトをまとめました。今回紹介するサイトのライセンスはほぼ全てCC0(Creative Commons Zero )です。

 

なので、自作3Dモデルを販売するときに、テクスチャに使いたい場合や、背景に使う場合等、自由に使用することができます。

しかし、素材によっては規約が存在する場合があるため、本記事で紹介したサイトの中でも使用する素材がどのような利用規約か、しっかりと確認してください。

前提条件

無料

まずは基本的に無料で使用したいものです。有料だとそれだけハイクオリティなものも多いですが、やはり無料のものを使用したいもの。

なので、今回選んだサイトはフリーつまり無料でテクスチャを配布しているサイトを選んでいます。

商用可能・改変可能

3DCGを作って終わりというのは、ほとんどの場合ないと思います。

その制作物を販売するか、何かに使用するかのどちらかが多いかと思います。

その時、3DCGのテクスチャに使用する画像をどうするかに困ると思います。そのテクスチャは商用利用禁止になっている場合があるからです。

 

なので、今回選定したサイトはほぼ全て、商用利用可能・改変も可能なテクスチャを配布しているサイトを選びました。

 再配布可能

3DCG制作物を配布する場合、テクスチャも同梱することが多いかと思います。

この時、テクスチャを同梱することが再配布に当たるのかの判断が難しく、利用するテクスチャによっても条件は異なります。

 

そのため、テクスチャの再配布も可能であれば嬉しいと思い、条件に選んでいます。

これらの条件から

これらの前提条件をまとめると、フリー、商用利用・改変可能・再配布可能なライセンスを持つテクスチャということになります。

そして、そのライセンスが CC0 (Creative Commons Zero )となります。

本記事では、なのでフリーテクスチャといっても、CC0のライセンスのテクスチャを配布してくださっているサイトをまとめました。

 

・公式サイト(英語版)

Creative Commons — CC0 1.0 Universal

・公式サイト(日本語版)

creativecommons.jp

・分かりやすいCC0の解説サイト

copyright-topics.jp

 サイト紹介

Texture Haven

texturehaven.com

ライセンスについてのページ

texturehaven.com

このサイトはフリーテクスチャであるにも関わらず、高品質のテクスチャが用意されています。しかし量的・種類的にも少なく、主に環境・建築物のテクスチャとなっています。

 

 そして、このサイトの嬉しいところは、使用したい画像状態を個別にダウンロードできることです。

例えばAOだけやスペキュラーだけ等、使用しないテクスチャは最初からダウンロードしないこともできます。

CC0 Textures by StruffelProductions

cc0textures.com

ライセンスについてのページ

トップページ下部

 

こちらもフリーテクスチャであるにも関わらず、高品質のテクスチャが置いてあります。しかも、テクスチャを選択すると、似たようなテクスチャを提示される他、画像の品質も決められるなど細かな要望にも応えられるサイトです。 

 

またこのフリーテクスチャを置いているサイトの一番いいと思うところは、実際に3Dモデルに適用したところがSkechfabで見られるところです。

なので、このフリーテクスチャを適用いたらどうなるのかが具体的に分かると思います。

Share Textures | Free Seamless CC0 Textures

www.sharetextures.com

ライセンスについてのページ

www.sharetextures.com

こちらも高品質なテクスチャが多く揃っているサイトです。

しかし、ここはテクスチャの数があまり多くなく、今までのサイトと比べると少ないなと感じてしまうかもしれません。

またダウンロード方法もGoogle Driveに自分でアクセスしてダウンロードするという方法なので、テクスチャをダウンロードしにくい場合もあります。

しかしその分高品質なテクスチャが多いので、是非ここは使ってほしいテクスチャサイトの1つです。

cgbookcase.com

cgbookcase.com

 

ライセンスについてのページ

 

cgbookcase.com

こちらもフリーテクスチャが配布されているサイトとなっています。

ここのテクスチャも高品質なテクスチャが大半を占めています。また道路のテクスチャがとても豊富です。なので道路のテクスチャを使いたい方は、ここを使うのがベストかと思います。

道路以外のテクスチャも充実してきているため、チェックしておいた方がいいフリーテクスチャを置いているサイトとなっています。

3D-Wolf

3d-wolf.com

 

ライセンスについて

上記のページの真ん中にあるLICENSEというボタンを押すと出てきます。

 

こちらも多くのCC0テクスチャが配布されているサイトとなっています。このサイトはGoogle Driveから画像をダウンロードするため、上記のサイト下にあるOPENというボタンを押して、Google Driveにいってそこからダウンロードしてください。

 

このサイトのテクスチャは、他サイトを比較すると数が少ないですが豊富な葉っぱのテクスチャや、指紋のテクスチャなど、特殊なテクスチャが非常に多くなっています。

Public Domain Textures

publicdomaintextures.com

ライセンスについてはトップページの中央部分にあります。

 

こちらはテクスチャの数がまだ少ないですが、CC0のサイトとなっています。このテクスチャ配布サイトの珍しい点として、食料のテクスチャも置いてあるところにあります。

 

食品のテクスチャが欲しい方は、是非このサイトを見ておくとお目当ての食品のテクスチャが配布されるかもしれません。

3D TEXTURES

3dtextures.me

 

ライセンスについてのページ

3dtextures.me

 

こちらも非常に多くのテクスチャが配布されているサイトとなっています。

このテクスチャ配布サイトの特徴は何より特殊なテクスチャが多いということになります。

例えば、エイリアンの筋肉のテクスチャ、組子のテクスチャ、ハチの巣のテクスチャ等、非常に変わったものが多くなっています。

 

なので、テクスチャをどれだけ探してもないという場合、もしかするとこのサイトを覗けばあるかもしれません。

texturebox.com

ライセンスについては、トップページ中央部にある【Works in any 3D Software】という項目の左に書かれています。

このTextureboxもCC0でテクスチャが配布されているサイトとなっています。

このサイトの特徴はゲームなどに利用できるルーン石や化石入りの土のテクスチャがあるということが挙げられます。また大きな模様のついた壁など、他のテクスチャサイトでは見ることができないものが多いため、確認してみる価値が大いにあるサイトです。

Free Stock Textures

freestocktextures.com

 

ライセンスについてのページ

freestocktextures.com

 

こちらもフリーテクスチャが多く提供されているサイトです。 

しかし、このサイトはフリーテクスチャは数多く用意されてはいますが、写真のようなものもたくさんあります。

なので、画像の種類としてはたくさんありますが、テクスチャとして見た場合少し少なく、写真のような画像も混ざってくるため探しにくい可能性があります。

 

これをテクスチャとして貼りつけるのではなく、模様として一部にのみつけるという使い方が一番いいと思います。


本記事の内容は以上となります。

テクスチャといっても写真のようなものから取得したい場合もあると思いますので、その場合は自分でノーマルマップを作ってみるのもいいかもしれません。

本記事は以上となります。お疲れ様でした。